電話占い師になりたい

自分にあったサイトに応募する

占い師になりたいと思ったら、まずは各サイトの募集ページをチェックします。募集ページにはだいたいそのサイトの特徴や、報酬、在籍占い師の話、そして募集要項などが掲載されています。電話占いというシステムはだいたいどこも同じだと思うので、そういった募集の情報や、サイトの情報を見比べて自分が一番活躍できると思うサイトを見つけます。特に、報酬や待遇面はしっかりとチェックしておくべきですね。でないと実際に所属してから話が違うなんてことにもなりかねません。あらかじめどんなことが記載されているのか把握したほうがいいです。また、募集要項も絶対に確認します。もしそこに使用する占術のことや経歴に関して何か書かれていたら、自分は条件に当てはまっているのかきちんと確認します。条件が当てはまらない場所では仮に採用されたとしてもきっと自分に合わなくて辞めるはめになります。募集ページに書かれていることをちゃんと確認して、自分に適したサイトで活躍できると良いですね。

スタッフのサポートが嬉しい

占い師という仕事に興味があったものの、こういう仕事は紹介やスカウトみたいな感じでしかないのだと思っていました。ところが調べてみると、以外にも占い師の求人を出しているところはたくさんありました。特にたくさんあったのが電話占いの募集。大手のサイトから小さなサイトまでたくさんの電話占いサイトが占い師を募集していました。
電話占いの魅力は、時間を問わずいつでも待機できる点だと聞いたことがあります。対面だとどうしても固定の時間の待機が必要になるけど、電話占いなら自分の都合のいい時に少しだけでもいいそうです。
自分の都合に合わせて働けるというのはとても魅力的で、数ある電話占いサイトの中でも24時間営業で縛りのない自由なサイトの募集に応募してみることにしました。
結果は合格。スタッフのサポートを受けながら活動を始めました。敷居が高く感じていた占い師ですが、実は間口は広いようです。

誰でも出来るけど技術は必要

占い師というと専門性の高い仕事のように感じますが、実は誰でもなれる募集の多い仕事だったりします。
誰でもなれると言っても、もちろんそれなりに占いの技術は必要です。占いができない人はたとえ応募したところで篩にかけられて落とされるのがオチでしょう。ですが、多少占いの知識があり、実際に占うことが出来るのなら、もしかしたら占い師として活躍が可能かもしれません。
特にやりやすいと思われるのは電話占いでしょうか。客の前に出る必要がないので、指南書を読んだり、ネットの情報を見ながら鑑定を行うこともできます。とはいえ、そういった方法で活動している人は、客側もわかってしまうものです。それが対面でも電話でも関係なく、やはり占い師という仕事をする以上はきちんと知識をもって臨みたいところです。
募集要項を見てみると必要な占術が書いてあったりします。これから占い師を目指す人は、募集要項やサイトに所属する占い師を参考に、確かな技術を身につけておくことが望ましいでしょう。